ほぼエンジョイ勢バサーのつぶやき

エンジョイ勢が素人目線でつぶやきます!

偏光グラスについて 釣り初心者〜エンジョイ勢必見です!

バス釣りに関わらず、全ての釣り人にご一読頂きたい、つぶやきです。

※特に初心者からエンジョイ勢の方の参考になれば幸いです。

 

ちなみに私も保有しております。

↓  オークリーのピットブルというモデルです。

f:id:todo0215:20170227175307j:image

※ちなみに ↑ 何やら限定品です。

眼鏡屋で勧められて買ったので限定品という点にはあまり意識はありませんが、この眼鏡屋っての重要です!!!  詳細は後述します。

 

そのフレームにレンズをタレックスというレンズメーカーのトゥルービューってレンズに変更してます。

↓ タレックスのHPです。

https://talex.co.jp/index.html

このタレックス、もう釣りをそこそこにやってる方なら、超の付く位、ど定番です、、、汗

※最近、トゥルービュースポーツにした方が良かったかも!?と度々布団の中で後悔でモヤモヤしてます 笑

※ちなみに同上組合せにハードケースの眼鏡入れも付けて、総額¥40,000弱だったはずです。(*゚∀゚*)  でもでも金額も重要な点ですので、この点についても後述します。

 

さて、私個人の私物紹介についてはそこそこに、偏光グラスについて私個人の経験談を基に、その重要性について、つぶやいてみます。

 

◎私が偏光グラスを買うに至るまで →  買ってから、これまでについて

 

まず、この偏光グラス、初心者の頃に自分より上級者の方と釣りに出掛けると、その上級者の方がここぞとばかりに着用してることってありませんでしたか!?

私の友人でもおりまして当時、その友人は1万円位の偏光グラスだと言っておりました。

やはり着用してるのを見ると気になってしまうのはヒトの常でして、、、ちょっと貸してよ〜みたいになって、少しだけ貸してもらって着用させてもらうんですよね   笑

 

そんでもって実際に着用すると、相当のポジティブインパクトがあるんですよ!!!

もったいぶらず、私が感じたその時のインパクトを書き出すと、、、

 

その1

水の中が見える!

※この表現は少し誤解も招くかもですが、あくまで私の見解として

その2

日中、特に夏場であれば、たった5分程度の着用でも圧倒的に眼が楽!

※夏のアスファルトや水面の照り返しは相当です。

その3

メカメカしい偏光グラスなら、初心者ながら若干でも上級者になった気分、その気にさせてくれる!

※ということで私のピットブルですね  ✌︎('ω')✌︎

これは実用的な感想ではありませんが 笑

 

最初に感じた印象はそれくらいでした。

釣りをしていると、実はある意味、これだけの印象でも偏光グラスを持つということには十分過ぎる理由だと思いませんか!?

 

そこで早速私も欲しい〜!!!となりまして、すぐに色々調べたのですが、迷いに迷ってしまういくつかの問題が出てきました!

 

問題点1

価格帯がピンキリ過ぎて、どこが妥協点か分からなくなってくる。

※この偏光グラス、安い物だと¥2,000前後でもあるんです。逆に高い物だと¥40,000〜50,000も当たり前で度付きのレンズならもっと高額なものもあるんです、、、汗

 

問題点2

偏光グラス!?といちよの名の付く物、結構どこでも売っている為、どこで買うか分からなくなる。

※今やユ○ク○でも売ってるらしいですね。価格帯の振り幅と相まって更に迷いが増幅します。

 

問題点3

確かに眼にも優しく水の中の情報が分かりやすくなるのは、何となく理解出来たが、絶対に必要な物か判断が難しい

※特に初心者から少し経験値を積むと、一番最優先で欲しくなる道具は、ロッドかリールなんです。その為、そんな段階で、眼鏡〜!?ってなるんです。  ましてや、まだまだ大物を釣った事がなかったり、これからも釣りを続けていくのか!?的なことも含めて、自分に自信も持てなくなってしまったりで迷ってしまうんです。  

 

上記の様な問題が出てきて、私は相当迷いました。その結果、このシーズン、私は、、、

「 偏光グラスの購入を見送りました! 」

特に私の中で大きかったのが、この年に40cm以上はあったであろうバスを目前でバラしてしまったんです 泣

それまでの私の薄〜い記憶では39cmってのが自己記録でした。しかも19〜20歳のてきとうに釣りしてた頃です。

そこで私は40cm以上のバスを釣ってからロッド、リールに次ぐ道具を本格化させようと考えたのです。

そして翌年、ついに念願叶って50cmジャストをランディング出来たんです。

そして、そのシーズンの内に購入に踏切ました!

後にこの判断が正しかったのかは、非常に難しいところですが、偏光グラスを購入してから今までを振り返って、間違いなく言えることですが、、、偏光グラスは絶対に必要!と言っても過言ではないです!

つまり、  「  必要な道具 」 で間違いないです。

間違いないエピソードを一つ、偏光グラスを購入して直後、ある野池で自慢の偏光グラスをドヤ顔に、キャストの練習をしてました。確かバイブレーションを投げてたのですが、勢い余って木に引っ掛けてしまったんです。

自分の下手さ加減に自己嫌悪になりながら、ルアーを諦めて、ドラグキチキチよろしくでロッドを糸と平行にグイグイ引っ張っておりましたら、引っ掛かりが外れて私の顔面に、、、

そして偏光グラスめがけてレーザービームです。もし、偏光グラスしてなかったら、、、

( ;´Д`)

もちろんレンズに傷は付きましたが幸いに目立たなかったので、そのままなんですが、、、

 

まあそんなこんなで偏光グラスは必ず必要だという私個人の独断と偏見により、実際に購入するまでについて、私が購入した際の状況と今後購入を検討されている皆さんに向けた見解をまとめて締めたいと思います。

 

◎私の購入した際の状況

私が購入するにあたり決めていたことが、2つだけありました。

それは、 「眼鏡屋で買うこと! 」

そして、 「タレックスのレンズを入れること」

何故かと言うと、色々調べた結果、偏光グラス、程度の良し悪し次第では最悪、視力が落ちる可能性もある!?とのことでした。

その為、何の知識も持たない店で購入するのはリスキーだと。更にタレックスのレンズ取り扱いがあって外部フレームに合う様に対応してもらえるのも眼鏡屋での購入で大切な点でした。

※ちなみにタレックスのレンズ、どこの眼鏡屋さんでも〜ではありません。指定の取扱店がありますのでタレックスを検討するのなら調べてみて下さい。 タレックスのHPで確認出来ます。

こうやって私が調べたあらゆる情報、個人のブログや眼鏡屋のHP、タレックスのHP等々、本当に自分の眼を大切にしつつ趣味に活かす偏光グラスを買うのであれば、これ位はこだわろうと! その結果、私、うは〜の場合は総額で¥40,000弱になってしまいました。

内訳として、、、

オークリーのフレーム  →  ¥20,000位

※このオークリー、純正のレンズもあるんです。もちろん、その純正レンズも偏光レンズですし、タレックス移植で余るこのレンズも付きで返ってきます。

タレックスのレンズ  →  ¥12,000位

※私は視力はまあまあの為、度なしのレンズにしましたが、フレームの形状がメカメカしいので鏡面加工も追加しました。

ハードタイプの眼鏡ケース  →  ¥4,000位

※これもオークリーから出てるやつで最初、眼鏡ケースにこの値段〜!?ってなったのですがこれも大正解でした! 

↓  これです!

f:id:todo0215:20170227230220j:image

正直、予算としては¥30,000までかなと考えていましたが、結果的には予算オーバーです。

ただ、ここで考えて頂きたいのですが良い物って大切に出来ますよね!?

私、バイブレーションにもらった傷はありますが、釣行終わりの手入れでは、もう指紋見えない位、拭き上げます。

最後、何をお伝えしたいかと、まとめますと偏光グラスは絶対におすすめです!

買うか買わないかを迷ってらいるなら絶対買いです!

必要か不必要かで迷っているなら、必要一択で間違いありません。

そして一番大事なのは、その時にその偏光グラスと自分とが、どれくらい付き合っていくのかを考えて購入に踏切ることです。

まずはお試しで、安価なものからスタートし、品質を上げていくことも良いと思いますし、逆に、こだわりを詰め込んだ究極の一本でも良いですし。

ここは個人の意見を押売り出来ませんから。

ただ、偏光グラス、必要ですよ!!!

 

ああ〜長文粗文申し訳ございませんでした 汗